Linux(Ubuntu)にNode.jsのバイナリを手動インストールする方法

id:eel3:20140309:1394294944 の続きというか、ついでというか。

Node.jsのプロジェクトでは、x86x86_64向けのLinux用バイナリも配布している。これの手動インストール手順を確かめてみた。環境はUbuntu 12.04 LTSだ。

  1. 公式サイトダウンロード一覧から、Linux Binariesを入手する。今回はv0.10.26。npmは同梱されている。
  2. 入手したアーカイブを展開して、適当な場所に配置する。ここでは仮に「$HOME/node」に配置するとする。
  3. 環境変数PATHに「$HOME/node/bin」を追加する。
  4. 環境変数NODE_PATHを追加し、「$HOME/node/lib/node_modules」を登録する。
  5. 上記の環境変数の変更を有効にする。
  6. 最後にnpmを最新版にする(同梱のものが最新版だとは限らないため)。「npm update -g」でOK。

だいたいこんな感じ。

環境変数PATHに登録されているディレクトリの中に「$HOME/node/bin/node」を指し示すシンボリックリンクを作るとか、そういう強引なインストール方法ではnpm本体の更新ができなくなるというか、「npm install -g」でのパッケージのインストール先を正しく取得できないようだ。

この構成で「npm install -g 」とオプション `-g' 付きでパッケージをインストールすると、「$HOME/node/lib/node_modules」直下にパッケージのフォルダが作成され、その中にファイル一式が配置される。

Node.jsは、デフォルトでは「$HOME/node/lib/node_modules」直下のパッケージを認識しない。環境変数NODE_PATHで登録する必要がある。

ちなみに、Node.jsのLinux用バイナリはnpmが同梱されている。そのため、Node.js本体のバージョンを上げようとすると、npmや「npm install -g」で導入したパッケージのインストール先ディレクトリまで取り替えることになる。

できる限り、「npm install」で$HOMEの下にパッケージをインストールするようにした方が、バージョンアップ時に困らないと思う。