河豚板のi386版でfiupdateを使いたい

先日Super-microDXにインストールした河豚板をfiupdateでアップデートしようとしたところ、すこしつまづいてしまったので、メモを残しておく。

前提というか背景を書いておくと、Super-microDXにはコンパクトフラッシュのドライブ(リーダ?)が内蔵されている。OSはコンパクトフラッシュにインストールして運用することが多い*1。なお河豚板というかOpenBSDコンパクトフラッシュIDE(パラレルATA)として認識していて、転送モードとしてPIOモード4とUltra DMAモード2が選択されている。

「Super-microDXにインストールした河豚板」と書いているが、これはSuper-microDX上でUSBメモリから河豚板を起動して、usbfadmnewdriveコマンドを使用してコンパクトフラッシュ上に河豚板のLiveUSB版*2を書き込んだ後、コンパクトフラッシュからブートして使用しているのだ。

さて本題。河豚板はOpenBSDのパッチ適用などに合わせてアップデート版がリリースされる。LiveDVD版の場合はメディアを作り直すしかないのだが、LiveUSB版の場合はfiupdateというコマンドを使用して中身を直接更新することができる。

で、このfiupdate、少なくとも河豚板 7.1のi386版では、少しやり方を工夫しないと失敗する。私の環境ではgzip(1)に「No space left on device」と言われてしまった。

河豚板ではRAMディスク上にホームディレクトリ等が展開される。河豚板 7.1ではRAMディスクを実現するためにmfs(Memory File System)を使用しているのだが、i386でのmfsの最大サイズは約1GBである。

つまりホームディレクトリでfiupdateする場合、どう頑張っても1GBのディスクスペース上で作業することになってしまう。で、fiupdateするには1GBでは足りない。

mfsの最大サイズはアーキテクチャごとに異なるようで、amd64では32GB、arm64では16GBと河豚板ガイドに記載されている。だからamd64とarm64では、mfsの割り当てを工夫すればfiupdateがディスクフルで失敗する問題は回避できる。でもi386ではmfsの割り当ての調整ではどうにもならない。

なので、河豚板 i386版でfiupdateする場合は、別途書き込み可能な作業用パーティションを用意して、その中でfiupdateの手順を実行する必要がある。

手元の環境の場合、16GBのコンパクトフラッシュの大半をデータ保存用領域(noasksファイルとかが置いてあるパーティション)に割り当てている。そこで今回はデータ保存用領域を作業用パーティション代わりにしてfiupdateを実行した。

# rootで作業していると仮定:
mount /dev/wd0d /mnt
cd /mnt
ftp https://jp2.dl.fuguita.org/{MD5,FuguIta-7.1-i386-202205061.iso.gz}
fiupdate 202205061

更新はうまくいったようだ。

ただしSuper-microDXの個体の問題なのか、アップデートの最後にデータ保存用領域がうまくアンマウントされなかったようだ。そのため後で「fsck /dev/wd0d」とチェックを走らせることになった。この件はハードウェア側の問題だと思う。

*1:一応、USB2.0のポートが2つ付いているので、USBブートも可能である。しかしポート間の物理的な間隔が狭いため、ブート用のUSBデバイスの選択がちょっと面倒である。

*2:コンパクトフラッシュはUSBデバイスではないのだが、河豚板が公式で「LiveDVD版」と「LiveUSB版」という書き方をしているので、それに合わせている。